外構工事は依頼先で費用を安くできる!

外構工事はどこに依頼するかにより、価格がだいぶ変わってきます。大きな資産でもある家の「顔」ともいえるエクステリア工事において、業者選びは非常に重要で信頼できる業者を選ぶことが重要です。
今回は、外構工事を「外構業者専門店」・「ハウスメーカー」・「ホームセンター」へ依頼した時のそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。今後、外構工事を依頼される際の参考にしていただけたらと思います。

外構業者専門店へ依頼した時のメリット・デメリット

メリット

1.工事費が安くなる

外構専門業者は、ハウスメーカーの外構工事に比べて中間マージンが発生せず費用を安く抑えられ、ハウスメーカーのマージンの節約ができ、その費用を利用してより魅力的なエクステリアを造ることができます。

2.デザインのバリエーションが豊富

外構工事専門店なので、外構デザインのバリエーションが豊富で、長い年月・毎日目にする空間だからこそ、自分が満足できるデザインにすることができます。

デメリット

1.希望に合う業者を探す手間がある

業者選びがとても重要になってきます。お客様の納得のいくまで相談や説明をしてくれる業者を探してみてください。企業や担当者の信頼性、施工実績の有無など、複数の業者に相談して比較・検討してみることをおすすめします。
一から外構工事を探すのは大変かと思いますが、そこに時間をかけることで中間マージンなどを支払うことなく、お得に外構工事を進めることができます。

ハウスメーカーへ依頼した時のメリット・デメリット

メリット

1.外構工事費を住宅ローンに含める事ができる

外構工事は、基本住宅ローンに組み込むことができない費用です。ですが、家の建築を請け負うハウスメーカーへ外構工事も一括で依頼することにより、住宅ローンの中に外構費用を含めて審査を通すこともあります。

2.保証の安心感

外構業者でも独自の工事の保証を設定しているところがほとんどですが、大きな会社の保証の安心感は大きいかと思います。

3.家の工事と外構工事を同時にできる安心感

家の工事が終盤にさしかかると同時に、外構工事をはじめるケースが多く、比較的外構工事完了までがスムーズに進みます。工事の関係上、家本体の工事と必ず同時に引き渡しされるとは限りませんが、ハウスメーカーの管理下で工事が行われるので、有能な営業担当者であれば工事連携はうまく取れます。

デメリット

1.工事費が高くなる

外構工事はすべて下請け業者に丸投げのような状態になるので、中間マージンが発生し工事費用は2~3割程度高くなってしまいます。

2.デザインのバリエーションに欠ける

決まった業者に決まったデザイン&工事を発注しがちになります。
そのため、エクステリアの選択肢は「●●推奨商品」など、自社の住宅デザインに沿ったお決まりの外構デザインから選ばせるように誘導する事例が多いです。

3.外構工事やメンテナンス等対応が遅れがち

大手ハウスメーカーへ依頼をすると、取り扱っている物件数が多いことや、担当者も専門職ではんく間に人を挟むのでどうしても対応が遅くなってくるかと思います。
また、知識不足により、イレギュラーな工事を依頼すると思わぬ発注ミスや工事ミスが散見されます。

ホームセンターへ依頼した時のメリット・デメリット

メリット

1.仕入れに余計な費用がかからない

ホームセンターは材料を売っている所なので、仕入れに関しては余計な費用がかからず、ハウスメーカーに比べればトータルの費用が抑えられるかと思います。

デメリット

1.専門業者ではないため、質や価格ともに怠る

ほとんどのホームセンターでは、エクステリア専門の方が常駐していないため、もし依頼をしても他の業者へ下請けという形で工事を依頼する場合がほとんどです。そのため中間マージンが発生し、カーポートなどの特売商品の工事以外は、外構専門業者よりも価格が高くなる傾向にあります。
また、工事中のトラブルに関しても、担当者の工事知識が疎い場合が多く、事後対応処理が遅い場合が多いようです。

外構業者を選ぶ際は複数の業者へお問い合わせをし、お見積りを取っていただくことをおすすめします。
もし、残念な外構工事だった場合、その外構を見ながらずっと生活することになってしまいます。そうならないためにも、いろいろな業者を比較・検討し、自身のライフスタイルや価値観に合った外構業者にぜひ一度相談してみてください。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!