こどもみらい住宅支援事業とは?

子育て世帯・若者夫婦の省エネ住宅の取得の支援を行う為に、補正予算案で創設された「こどもみらい住宅支援事業」がスタートしています。
今回は、「こどもみらい住宅支援事業」について簡単にまとめてみたいと思います。
条件を満たせば新築購入やリフォームで補助金が出るそうなので、現在迷われている方みえましたらこちらの記事を参考にして頂けたらと思います。

子ども未来住宅支援事業とは

一定の省エネ性能を有する住宅の新築や、一定の要件を満たすリフォームを行う際に、所定の補助金が付与されます。

補助事業と対象者

注文住宅の新築(対象者・建築主)
新築分譲住宅の購入(購入者)
リフォーム(工事発注者)

補助額
60万円~100万円
60万円~100万円
5万円~60万円

新築住宅(注文・分譲)

子育て世代(18歳未満の子を有する世帯)・若者夫婦世帯(夫婦いずれかが39歳以下の世帯)を対象とし、
最大100万円の補助金が交付されます。(条件あり)

リフォーム

すべての世帯を対象とし、最大30万円の補助金が交付されます。
子育て世帯・若者夫婦世帯の場合は最大60万円までの上限引き上げ特例があります。(条件あり)

期 間

令和4年10月31日までが対象。

こどもみらい住宅支援事業は、クーポンやポイントではなく、現金(補助金)が付与されるので、その浮いたお金でリフォーム工事代金の支払いに充てられたり、別の商品をお得に購入できるので嬉しいですね。
リフォームに関しては、補助金の対象者が全世帯を対象としているそうなので、この機会がチャンスだと思います!
これから新築やリフォームをお考えの方は、補助金対象になるかを調べて頂きぜひ活用してみて下さい。

※全員が該当するわけではございません。色々注意事項や条件等ございますので、詳しくは各HPをご覧ください。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

新築外構工事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!