宅配ポストのデメリット

今では、マンションなどでは当たり前のように設置されるようになった宅配ボックスですが、最近ではネットでお買い物を簡単に出来るようになり宅配を受け取る機会が多く、個人でも宅配ボックスを設置する方が増えてきました。
不在時に荷物を受け取れ、時間や配達の事を気にする事がなくなるといったメリットがとても大きいかと思います。
とても便利な宅配ボックスですが、メリットだけではありません。
今回はデメリットについてまとめてみました。

1.宅配ボックスに入らないものがある!

不在時に荷物の受け取りが出来る宅配ボックスですが、宅配ボックスの中に何でもいれてくれるというわけではありません。
宅配ボックスへ入らない大きさのものはもちろん、・冷凍、冷蔵が必要な食品・貴重品・代金引換・着払いなどの荷物は宅配ボックスへ入れてはいけない事となっています。宅配ボックスが小さくて受け取れないといったことがないよう、少しでも大きくて、家の外観に合うお洒落な宅配ボックスを探してみましょう。

2.宅配ボックスのサイズによっては場所の確保が必要

大きめの宅配ボックスの設置を検討している方は、サイズに合わせた設置する場所の確保が必要になってきます。
それに伴う動線の確保も考えなければなりません。スペースに合わせたサイズの選定が必要になります。

3.容量分の荷物の受け取りしかできない

ネット通販を多く利用されている方は、短時間の間に複数の宅配業者が配達に来ることがあるかと思いますが、荷物を1つ受け取ると施錠されるため、同じタイミングで荷物が来た場合2つ目以降は宅配ボックスに入れることができなくなります。

4.宅配ボックス盗難の危険性

宅配ボックスの形状によってはボックスごとに盗難にあうリスクがあります。また、不在表を盗まれ暗証番号などを知られてしまうと荷物の盗難にあうリスクも考えられます。

5.宅配ボックスの金額が高い

備えつけの宅配ボックスであれば費用が高くなります。
頻度が少ない場合は、宅配ボックスの恩恵をそこまで感じることができなく、値段のわりに使用頻度が低く設置するメリットがなかったと後悔さえる方もみえます。

6.使い方を間違えた場合、受け取りに時間も

宅配ボックスの中には、使い方が複雑なものもあり、使い方を知らない業者の人が使い方を間違えてしまうといった事例が稀にみられます。
また、最近多い中小の宅配業者の場合、ドライバーが使い方がわからないため、やむを得ず再配達されるケースもあるようです。デザイン性も重要ですが、使い勝手の良い宅配ボックスを設置すこともポイントとなってきます。

いざという時や忙しい方にとって宅配ボックスはとても便利で、強い味方になってくれるかと思います。デメリットもあるのでそこをしっかりと抑えたうえで、それなりの対策をとりながら、暮らしやすさや安全のために戸建て住宅へ宅配ボックスを設置してみてはいかがでしょうか。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

ポスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!