コンクリートのひび割れ

駐車場拡張

駐車場や外構にコンクリートを使用していると、ひび割れが入るといった問題が起こってしまうことがあります。今回は、そのひび割れについて、解説させていただきます。参考にしてみてください。

ひび割れの原因

ひび割れの原因は、どのようなものがあるのでしょうか?

乾燥収縮

コンクリートはセメント、水、砂、砂利を混ぜて作られます。水分が少ないほど強度は高くなりますが、施工性が損なわれます。時間が経つとコンクリート内の水分が蒸発して収縮し、その力でコンクリートが引っ張られ、ひび割れが生じます。

気温の変化

コンクリートは温度変化に敏感で、急激な温度の変化で収縮や膨張を起こします。
特に冬場に気温が急に下がる地域や、硬化が早まる夏にコンクリート施工する際には注意が必要です。温度変化による力がコンクリートの強度を超えると、ひび割れが発生します。

地盤の問題

コンクリートの基礎部分にひび割れが生じる場合、地盤の問題が関係しています。地盤が弱い場合、小さな地震でもダメージが蓄積され、大きな地震後にひび割れが現れることがあります。

中性化

コンクリートは元々強アルカリ性の素材ですが、水分を吸収しやすいため、長期間雨や大気中の二酸化炭素にさらされると内部の化学組成が変化し、中性化します。これにより内部の鉄筋が錆びて膨張し、ひび割れが生じます。

これらの要因が組み合わさることで、コンクリートのひび割れが生じることがあります。

コンクリートのひび割れを放置するリスク

ひび割れを放置すると、問題が広がる可能性があるので、見つけたら修理することが大切です。
特に駐車場やガレージなどでは、車が重い負荷をかけるため、ひび割れが悪化しやすいです。ひび割れがある場所に歪みが生じると、他の場所でもひび割れが広がることがあります。
深刻なひび割れは基礎の強度を低下させ、地盤沈下を引き起こす可能性があります。これによって家が傾くこともあり、大規模な修理が必要になります。また、基礎の劣化は家全体の耐震性にも影響を与えるため、速やかな対応が必要です。

コンクリートのひび割れ対策

ひび割れを防ぐためには、伸縮目地を使うのがおすすめです。伸縮目地は、振動や乾燥によって生じるひび割れを抑制してくれます。ひび割れが出ると見た目が損なわれるため、外観を美しく保つためにも大切です。
では、どのくらいの間隔で伸縮目地を設けるべきなのでしょうか。一般的には、10~15平米ごとに伸縮目地を設置することが一般的です。これにより、コンクリートの床を適切に区切り、ひび割れを防ぐことができます。

コンクリートひび割れの修復方法

小さなひび

コンクリート

小さなひびの場合は、一般的にDIYで修復できます。オンラインやホームセンターで販売されている特殊キットを使用すれば、専門的な知識がなくても簡単に修復できますが、表面の補修に適しているため、深刻なひび割れには適していません

大きなひび

コンクリート

大きなひびの場合は、業者に依頼するのが適切です。大きなヒビ割れを修復するには特殊な工具や樹脂の注入が必要な場合があります。信頼できる業者依頼をし、しっかりとした修復を行うことが重要です。

ひび割れの種類

構造クラック

構造クラックは、幅が0.3mm以上で、ひび割れの深さが4mm以上ある状態です。内部の鉄骨までひびが伸びている可能性が高く、非常に危険な状態です。特に排気口や窓枠の角など、構造上弱い部分にできやすいです。このような場合は、専門家による修理が必要です。

ヘアークラック

一方、ヘアークラックは幅が0.3mm以下で、ひび割れの深さが4mm以下の状態です。内部の鉄骨までひびが及んでいる可能性は低く、構造的に問題のない状態です。ただし 定期的な観察が必要です。

なぜひび割れがいけないのか?

コンクリート

コンクリートのひび割れが問題なのは、その内部にある鉄筋が錆びてしまう可能性があるからです。内部の鉄筋が錆びると、コンクリートの強度が著しく低下します。特に住宅の基礎部分で鉄筋が錆びると、住宅が崩壊する危険性があります。
構造クラックでは、ひび割れが鉄筋まで届いている可能性が高いため、雨や空気中の水分が内部の鉄筋まで浸透し、鉄筋のサビが発生するリスクがあります。そのため、すぐに補修する必要があります。
要するに、コンクリートのひび割れが問題なのは、それが内部の鉄筋の錆びを引き起こす可能性があるからです。この問題を放置すると、コンクリート構造物の耐久性が低下し、最悪の場合、建物が崩壊する危険性があります。

外構における土間コンクリートは、ひび割れが生じやすい部分です。最初の施工が手抜き工事の場合、ひび割れのリスクが高まります。質の悪い工事をされないよう、安さを謳う業者には十分注意して業者選びをするようにしましょう。


外構専門店ガーテリアなら外構のお悩み解決
外構専門店のガーテリアなら工事も安心

ガーテリアの外構工事

ガーテリアでは、新築外構工事をはじめ、庭&外構リフォームカーポートフェンス等のエクステリア商品取付、家を建てる前のブロック工事・ようへき工事などにも対応しております。

新築外構工事

新築外構工事

これからご新築予定の方、分譲住宅をご購入された方、ご購入後外構工事が手付かずの方など、新築外構・エクステリアでお困りの方はぜひご相談ください。

外構リフォーム・修理工事

門柱リフォーム工事

駐車場拡張工事、お庭のコンクリート化工事、お庭の雑草対策、目隠しフェンス工事、ブロック塀解体など、お庭&外構リフォーム工事をお請けいたします。

エクステリア工事

エクステリア工事
引用元:LIXILカーポートSC

カーポートウッドデッキタイルデッキ、ガレージ、門柱玄関アプローチ宅配BOXフェンス取付などのエクステリア工事もお請けいたします。

造成工事(一次外構)

一次外構工事

建物を建てる前のようへき工事・境界ブロック工事・盛土・整地など、建築前工事一式を請け負います。一次外構も外構専門店の方が作業も早くお得です。


外構工事のご案内
外構コラム
店舗紹介
施工事例のご紹介
よくあるご質問
ガーテリアについて

SHOP PICUP

愛知岐阜三重静岡長野大阪兵庫奈良京都和歌山ほかエリア拡大中!「外構費用が足りない…」「おしゃれな外構にしたい…」「お庭のリフォームがしたい…」「目隠しフェンスを付けたい」等、外構工事やエクステリアのお悩みをガーテリアが解決します!

名古屋・豊田・一宮・岡崎・岐阜・津・三島他

大阪・堺・岸和田・八尾・尼崎・京都・奈良他

さいたま市・春日部市・越谷市・川口市他

松本・長野・上田・千曲・安曇野・諏訪他


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関する無料見積・ご相談を受け付けております。お問い合わせフォームお電話最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

【24時間受付|お問い合わせフォーム】

【フリーダイヤル】
0120-403-433
電話受付時間:9:00~18:00

主な外構工事対応エリア

駐車場拡張

この記事が気に入ったら
フォローしてね!