パース図について

外構パース

みなさんは外構・エクステリアで聞く「パース図」についてご存じでしょうか?

パース図とは透視図(Perspective drawing)の日本語での略称のことで、建物の外観や室内を立体的な絵にした完成イメージ図のことです。

立体的にみえる事で、平面図や商品写真だけでは分かりにくい全体のイメージ・細かな部分を表現することができます。

実際外構等の完成図のイメージを、平面図などの設計図の場合イメージが想像つかないといった印象になる事が多いと思いますが、3Dで再現が出来るパース図であればより具体的な完成像をイメージする事が可能です。

外構工事で怖いのは、後からの「こんなはずじゃなかった・・・」という結果です。

大きなお買い物になる外構工事は、後から後悔しないようパース図を確認してから、工事依頼をするようにしましょう!
お見積りのタイミングで、業者さんにお願いしてみてくださいね。

CADを用いたパース図

実際の写真とパース図の写真を見比べてみてください。

アプローチ
パース図
アプローチ
アプローチ
駐車場
駐車場
駐車場
パース図
フェンス

外構工事を依頼する業者探しのポイントとして、CADを用いたパースをご覧頂きながらのご提案をしていただけるところを探すのもポイントになってきます。
より具体的にイメージしやすい図面にて確認を行い、安心してご契約をしていただければと思います。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

パース図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!