新築外構工事に掛ける予算

家

新築外構工事は、当初の希望の予算より高くなってしまうケースが多いです。それは、一般的に外構は全く同じものというものがなく、業者側からしても概算価格がつかみづらいことも要因としてあります。
今回は、家の新築やリフォームする時のエクステリア・外構工事にどれくらいの費用をかけるのがベストなのか、おおまかな予算の目安をまとめてみました。参考にしてみてください。

外構費用の目安は住宅本体の10%~15%の金額を目安に

皆さんは外構にどれくらいのお金をかけているのでしょうか?
新築の平均的な外構費用は、150万円~200万円
一般的な家の場合、例えば建物が1500万円であれば、外構に150~200万円ほどを目安にすると建物に見合った程度の外構になると言われています。
この金額を大きく下回ってしまった場合、家と外構のバランスが悪くなることもあります。
土地の大きさであったり、依頼する業者によって料金は変わってくるため、一つの目安として参考にしてみてください。
次に、予算別にどのような外構にできるのかご紹介していきます。

外構費用50万円以下

50万円以下の予算では、新築の外構工事は難しいかと思います。ご予算が50万円以下の場合は、一つのゾーンに絞った部分的なリフォームがおすすめです。

▼簡易外構工事の例
・駐車場の施工:20万円程度
・玄関アプローチと駐車場のリフォーム:30万程度
・人工芝をの設置:30~40万円程度

外構費用50万円~100万円以下

100万円以下の予算では、取り扱うエクステリアや施工する面積により価格は大幅に変わりますが、駐車スペースとアプローチ等を含んだ必要最低限の新築外構工事が可能です。
必要最低限の外構ができるイメージで、外構に使用する素材のグレードは低いもので構成されてしまう場合が多いです。おしゃれな外構にしたいなどのこだわりがある方は、もう少し予算を上げることが必要になってきます。

外構費用100万円~200万円以下

200万円以下の予算であれば、2台以上の駐車スペースの施工や、ある程度デザイン性を重視した満足できるこだわりのある外構をつくりあげることができるかと思います。
素材のクオリティやおしゃれなデザインにしたい方は、これくらいの予算からスタートと考えてもらうとよいかと思います。

外構費用200~300万円以下

300万円以下の予算では、それなりの土地の広さでも、自由度と満足度の高い外構を作り込むことができるかと思います。
例えば、駐車場3台を超えるような広敷地の外構工事、大型の擁壁の工事なども可能です。

外構費用300万円以上

300万円以上の予算があれば、一般的に豪邸と呼ばれるような外構になります。外構にお金をかければかけるほど、豪華な見た目の住宅となります。

外構の工事費用は、土地の広さはもちろんですが、依頼する業者によっても大きく変わってきます。高い業者に依頼することで、費用が高い割に満足のいかない外構になってしまう可能性もございます。事前に予算やこだわりをしっかりと伝え、信頼できる業者を選んで納得のできる外構を作ってください。


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

家

この記事が気に入ったら
フォローしてね!