迷いがちなオープン外構・クローズ外構

カーポート

外構のデザインを考える時に、開放的な「オープン外構」または、プライバシーを確保できる「クローズ外構」のどちらにしようか迷われる方も多いかと思います。どちらもメリット・デメリットがあり、それぞれの特徴と一緒にご紹介できたらと思います。

オープン外構とは?

カーポート

オープン外構とは、敷地を門扉・フェンス・塀などで囲わず、開放的なエクステリアプランのことです。面積が狭い戸建て住宅の場合、フェンスや塀などを取り付けることにより、一戸建て部分に使用できる敷地が狭くなってしまうため、オープン外構にされるのが一般的になります。

オープン外構メリット

開放的なお庭になる

建物を塀やフェンスなどで囲わないため、圧迫感がなく開放感があり、せまい敷地でも広く見せてくれます。また、風が通りぬけやすく、家の中まで光が届きやすくなり明るさを感じられるでしょう。

クローズ外構に比べ費用が安くなり、予算を抑えることができる

オープン外構は、門扉や塀、フェンス等設置しない為設置しないため、その分予算を抑えられることでき、節約したい人に向いています。使用するエクステリアが少ないぶん、工事の時だけでなく住み始めてからのメンテナンス費用もかからず、維持費も少なくてすみます。

自由に使えるスペースが増える

門扉や塀がないので、その分自由に使えるスペースが増えることになります。そのスペースを利用して、花壇や駐車スペース、物置の設置などの場所を確保することができます。

雪かきの負担が減る

オープン外構にすると門扉や塀がないので、雪かきの作業が楽になるでしょう。

オープン外構デメリット

プライバシーが守られず外からの視線が気になる

オープンなため、外からの視線を遮るものも少なく、お庭へ出た時に周りの視線が気になりストレスに感じてしまうかもしれません。住む人のプライバシーを守るためには、建物の窓の大きさや設置場所の工夫、また視線を遮る樹木を庭に配置するなどの対策を行うことが大切です。

セキュリティーに不安がある

オープン外構は、外からの建物全体が見渡せるため、防犯の工夫を行う必要があります。解放的なオープン外構は敷地内をよく見渡せるため、侵入者が隠れにくいという利点がありますが、囲いがなく侵入しやすいという点では、セキュリティー対策は大切です。防犯カメラやセンサーライトの設置や家の鍵を二重にするなどしておくと安心につながるでしょう。

お子さんが外に飛び出してしまう

オープン外構では柵などがないため、小さいお子さんの場合簡単に敷地外に出てしまう可能性があり、飛び出し事故などには注意が必要になります。

クローズ外構とは?

守山店施工事例

クローズ外構とは、道路や近隣などから視線を遮断し、比較的敷地内が見えにくく、高さのある門扉や塀などを設置する外構のことです。クローズ外構でも、開放感を味わえるような外構もあれば、高さのある塀などを設置し完全に周囲からの視線を遮断するような外構など様々です。

クローズ外構メリット

プライバシーを守ることができる

クローズ外構は、高さのある門扉や塀などを設置するため、周囲からの視線を気にせず過ごすことができます。お庭で洗濯物を干したり、お庭でバーベキューをしたりなど、お庭に抵抗なく出ることができプライベート空間がつくれます。

防犯性が高まる

クローズ外構では塀や門扉を設置することが多く、敷地内に入る為には門を通過しなければなりません。不審者が敷地内に侵入する際も門扉を通らなければいけません。その点では。不審者の侵入に気付きやすくなり防犯性が高まります。一度侵入されてしまうと、周囲から見えにくくなるため、デメリットにもなってしまいます。

ペットやお子さんが外へ飛び出すリスクを下げられる

小さなお子さんやペットを飼っているご家庭ですと、お庭で遊ばせていても道路に飛び出す危険性も低くなり安心できます。

クローズ外構デメリット

閉鎖的になってしまう

どうしても閉鎖的な空間になってしまい、敷地がせまいと圧迫感を与えてしまう時もあります。

費用が高くなる

クローズ外構は門扉・フェンスや塀など、多くのエクステリア商品を使用する割合が高くなるため、オープン外構と比較すると工事費用が高くなります。クローズ外構に使用する資材やエクステリアなどは、定期的にメンテナンスが必要になってくるものも多く、メンテナンス費などの維持費もかかってくることを知っておくとよいでしょう。

防犯性に欠ける

クローズ外構は塀などの高さがあるため、不審者からターゲットにされやすいです。一度侵入すると、周囲から見えなくなりバレにくい状況になるからです。クローズ外構にされる際は、センサーライトや防犯カメラの設置など、防犯対策を合わせて行うと安心です。

駐車場などのスペースの確保が難しい場合がある

狭い敷地内ですと、駐輪場や駐車場スペースをつくり空きスペースを確保したい場合、クローズ外構はデメリットとなります。塀等を設置することで敷地面積が狭くなってしまいますので、まず、スペースの確保が十分にできるか考えたうえでプランを進めていくとよいでしょう。

近隣への配慮

クローズ外構を行う場合、高い塀などを設置することもあるかと思います。その際に、近隣住宅の窓を塞いでしまったりすると、相手の住宅の日当たりに影響しトラブルの原因になりかねません。工事後にトラブルにならないよう、周囲のことも考えプランを進めていくことをおすすめします。


GARTERIORロゴ

オープン外構は、費用面や開放感が出せることがいいですね。そしてクローズ外構では、プライバシーが守られ、プライベート空間になるところが魅力的かなと思います。最初に、どのような外構にしようか迷われるかと思います。しっかりとヒアリング、アドバイスをしてくれる業者を選び、一緒に相談しながら素敵なおうちづくりを楽しんでくださいね。



SHOP PICUP

愛知岐阜三重静岡長野大阪兵庫奈良ほかエリア拡大中!「外構費用が足りない…」「おしゃれな外構にしたい…」「お庭のリフォームがしたい…」「目隠しフェンスを付けたい」等、外構工事やエクステリアのお悩みをガーテリアが解決します!


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関する無料お見積り・ご相談を行っております。お問い合わせフォームお電話最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】

【フリーダイヤル】
0120-403-433
受付時間:9:00~18:00
店舗営業時間:9:00~18:00

カーポート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!