人工芝の強風対策

人工芝でのBBQ

夏季に入り台風がやってくる季節になりました。
最近、施工の人気が多い人工芝ですが、台風などの強風で人工芝がめくれてしまうことがあります。
それを防ぐために台風前には人工芝の強風対策をしてあげると良いでしょう。
強風対策としてどのようなものがあるのでしょうか?
今回は人工芝の強風対策についてまとめてみました。

人工芝がしっかりと施工されている事

斜面などに人工芝を施工している場合、多少の隙間があったりするとそこから風が入り込み、人工芝や防草シートなどが剥がれてしまう事があります。

継ぎ目が多かったり隙間に浮きがあると、対策をしてもめくれが徐々に広がり対処も難しくなります。
そのため、一番最初の施工がとても大事になります。

人工芝をしっかりと固定する

強風対策として、人工芝をいかに地面に固定するかが重要になってきます。
例えば、打ち付けるピンを増やしたり、接着材や専用の両面テープなどで固定する補法があります。
また、砂などの充填剤で重量を増やす事により、人工芝のめくれ上がりを阻止できるかもしれません。

重量のある人工芝を使用する

強風対策として、最初に重量のある人工芝を敷くことにより、人工芝のめくれ上がりを阻止することができます。
人工芝の重量は布の材質や芝葉の数で大体決まります。
基本的に人工芝は、重量があるほど品質が高く、価格も高いものが多いです。

ロールタイプの人工芝であれば、継ぎ目も少なくなり、1枚あたりの重量もおおきくなり芝生がめくれることも少なくなります。

いかがだったでしょうか?
これから人工芝の施工をご検討されている方や人工芝を敷いている方は、今回の記事を参考にしてみてください。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

人工芝でのBBQ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!