外構を分離発注するべき真実

カーポートSC

新築を建てる際に、家屋とは別に重要になってくる部分が外構です。家屋と外構が合わさって初めてマイホームが完成します。
多くの人は家屋だけに力を入れ、「とりあえず駐車場だけ作ろう」「庭部分は自分でやろう」などと、外構が疎かになりがちな部分ではありますが、快適な生活をする上でとても重要な部分になります。デザインや設備で見た目の印象も外構でだいぶ変わってきます。「予算が・・・」「本当はこうしたかった・・・」など後悔がないようにするにはどうすればよいのかご説明します。

外構工事で失敗する人が多発してしまう根源

ハウスメーカーは外構工事のプロではない

ハウスメーカーに新築を依頼して、ついでに外構工事も行ってもらう方も多いでしょう。しかし、ハウスメーカーは外構工事のプロではなく、あくまで家を建てることに関しての専門家です。ハウスメーカーでは、社内に外構工事に対応できる職人がおらず、打ち合わせ以外は、社外の外構工事業者が行っているケースがほとんどです。

また、ハウスメーカーは基本的に、外構工事を下請け業者に依頼しています。そのため打ち合わせを行うスタッフが、エクステリアに関する知識を十分に持っておらず、できる工事 or できない工事を判断できないことが多いです。

マイホーム
家づくり打合せ

実際の生活を十分にイメージできていない

「とりあえず駐車場があれば良い」「カーポートは後でもいいか」などの漠然とした考えを持ったまま工事を依頼すると、実際に生活を始めてから不便な部分に気づいたということが起こります。実際の生活を十分にイメージできていなかったことで起こる失敗です。
また、外観ばかり重視した場合も同様の失敗が起こります。
外観も重要な要素ですが、生活とのバランスを意識して、動線や機能性も十分加味して外構プランを考えましょう。

外構計画
駐車場外構工事

外構工事の費用とそのカラクリについて

外構工事の費用と、なぜ費用の確保が必要なのか、そのカラクリについてご説明します。
多くの場合、外構工事にかかる費用は、住宅建設費用の1割ほどと言われています。工事の内容や規模によって変動しますが、実際には100万円~300万円です。しっかり塀を作る、庭に通じるウッドデッキを作る、こうした希望に応じて費用が上がります。

外構プラン
外構費用

ここで注意が必要なのが仲介料(中間マージン)です。外構工事をハウスメーカーの営業マンに丸投げでお願いすると、余分な中間マージンが発生し、20~30%程度費用が高くなってしまうのです。
多くのハウスメーカーでは外構工事を下請け業者に依頼しています。直接外構業者に依頼する場合、仲介料は発生しませんが、ハウスメーカーを間に挟むことで費用が上乗せされてしまいます。直接外構業者に依頼をすれば可能だった希望の施工が、ハウスメーカーに依頼することで費用が増えてしまい、当初予定よりもスケールダウンになってしまう場合もあります。

打ち合わせ回数の手間や時間はかかってしまいますが、先々長い時間を過ごすことになるマイホームなので、外構工事に関しても、ぜひ妥協せず納得のいくまで打ち合わせをしてください。

外構工事を専門業者に依頼するメリット

仲介手数料(中間マージン)がかからない

先述したように、料金面で不安がある方で、ハウスメーカーで外構工事をご検討されている方は気をつけてください。
打ち合わせの際、営業マンと値引交渉をしたかもしれませんが、その値引いた分の費用は、ハウスメーカーから依頼された工事を担当する職人さんの賃金に響きます。自社の売上を残し、下請けには少ない賃金で施工するよう提示するのです。
そうした場合どうなるかというと、もちろん職人さんのやる気は下がります。さらに、時間をかけてもお金にならない仕事は手抜き工事へとつながりがちです。数年後、最終的に被害を被るのはお客様になってしまうのです。
全ての職人さんがそうではないですが、こうしたハウスメーカーからの下請け案件の場合、よく発生する事例です。
逆に、外構専門業者へ依頼する場合は、そうした余分な費用が発生しないので、純粋にプラン内容に沿った見積もりとなり、各社比較検討する際もチェック材料がわかりやすくなります。

新築住宅
見積書

対応が早い

ハウスメーカーの場合は、複数の部署や業者を挟んでやり取りすることになるため、細かいことに対する対応が遅くなりがちです。さらに、営業マンの知識不足により、必要な物が見積もりに入っていない、不必要な物が見積もりに入っているなどのミスに繋がりません。一度施工してしまったら変更ができないことや、余計な費用がかかってしまうこともあります。
外構専門店にお願いをすれば、お客様と直接の打ち合わせを行いますのでしっかりと話を聞いてもらえます。

お宅訪問
外構工事打ち合わせ

希望が叶えやすい

分離発注では、「建て主≒現場監督」的な立場となるため、それぞれの専門業者と直接コミュニケーションをとる必要があります。その分、意思の疎通がしやすく、自分の要望も伝えやすくなるので、「でき上ったものが要望と違った、イメージと違った」といったトラブルを避けることができます。
また、施工内容についても、専門知識があるため施工の可否をその場で回答を得やすく、費用感なども把握している場合が多いので、ある程度イメージが固まっている場合には、打ち合わせはよりスムーズに展開します。

新築外構
新築外構

外構工事を依頼する際は、分離発注をすることが、とても大切だということがお分かりいただけたかと思います。
エクステリア商材は、専門の業者に依頼することで、お客様にとってもお得になるケースが多々あります。各社打ち合わせをしていく中で、得手不得手な部分も見えてくるかと思うので、改めてご家族のライフスタイルに照らし合わせて、お気に入りの外構プランを一緒に作り上げていってみてください。
ガーテリアでも、ご希望に叶う提案をたくさんできたらと思いますので、外構工事をお考えの際は、ぜひガーテリア各店までご相談ください。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

カーポートSC

この記事が気に入ったら
フォローしてね!