外構の落とし穴

施工事例

外構をハウスメーカーにまかせっきりになっていませんか?
家のことはしっかりと計画を行い満足のいくものになったが、お庭や外構のことを後回しにしてしまい、後悔している人がたくさんみえます。
新築を建てるとなった際に、最初に知っておいてもらいたいことをまとめてみました。

家の本体の工事に外構も含まれると思っていた

自宅を新築する際に、土地と住宅があれば十分だと思ってしまう人がいます。
例えば、モデルハウスでは外構がしっかりと整った状態で展示されており土地代と住宅のお金があればモデルハウスのような家が建てれると思ってしまう方が多いようです。

しかし、実際には住宅価格は本体のみの価格で外構は含まれていないところがほとんどです。
その為外構を作る為の予算の確保をしていなかったり、外構を後回しに考える人が少なくありません。

家を建てる時は「住宅本体+土地+外構」が必要になることを覚えておきましょう。

外構は施工を誰がするのかで工事費用が変わってきます

外構をハウスメーカーへお願いすると、多くが下請け業者へ発注を行います。
ハウスメーカーを通すため、ハウスメーカーに中間マージンが入り、外構費用が高くなると言われており、同じ予算の場合には、簡素な外構プランになっていることがほとんどです。

また、ハウスメーカーは外構工事の専門家ではないため、外構デザインのバリエーションにも欠け、機能性に劣っていたりデザインにこだわることができないケースが多くあります。

お庭のことはハウスメーカーへすべて任せてしまうのではなく、色々な業者で見積もりを取り、より自分たちの要望を満たしてくれる外構業者を選ぶことで満足度が高まるでしょう。

外構のことをしっかりと考えなかった

新築を建てる時、外構のことをしっかりと考えず「とりあえず駐車場があれば大丈夫」と簡単に思っている方が本当に多くみえます。
最初にしっかりと外構の細部まで検討しておかないと、使い勝手の悪さに後悔することもしばしばです。
外構は、意外にも後から後悔するケースがたくさんあるのです。
例えば、道路から玄関に至るまでのアプローチ動線や門柱の位置、外部電源の有無、ウッドデッキの素材、防犯対策、カーポートの配置位置等々・・・
後悔しないマイホームづくりのために、外構のデザインや設計についても、初めにしっかりと計画を立てることが大切です。

外構の工事は初期投資がかかりますが、後々リフォームするとなると簡単にできることでもなく、費用も余分にかかってきます。

外構工事は安く済ませたいと思われる方もいるかと思いますが、多少高価であっても、使い勝手の悪さに悩まされないように、最初から後悔のないようある程度の外構プランをお持ちになって施工に入ることをおすすめします。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

施工事例

この記事が気に入ったら
フォローしてね!