クローズド外構にすればよかった

マイホームを建てる時にお庭づくりで後悔が多い事例のひとつ「クローズド外構にすればよかった」。

  • 隣の家からの目隠しフェンスを立てればよかった。
  • 安いフェンスにしたため、外から丸見えだった。
  • 塀を低くしすぎた。
  • 車のすれ違いに使われてしまいタイヤ痕が残る。
  • 敷地に勝手に侵入される。

上記のような後悔の声が多く出ております。
今回はクローズド外構・オープン外構についてご紹介します。

クローズ外構とオープン外構の違い

クローズド外構とは門、フェンス、ブロック塀などで住宅の敷地を囲い、住宅と道路の境界線が明確にわかる外構のことです。反対に門やフェンスなどのエクステリアデザインがないのがオープン外構になります。

オープン外構は、前の道路と地続きにするスタイルのことで、開放感やおしゃれさなどのメリットがありますがその反面、家周りが手薄になり外部からの視線が気になってしまったり、周りからの視線が気になりリラックスできない上に、防犯上でも弱くなってしまいます。

隣の家との距離が近かったり、人通りの多い場所に建てる際はクローズド外構がおすすめです。
オープン外構でメリットは「開放感」「建築費用」に集約されているのに比べ、デメリットは個々の性格、立地、近所の人などによってさまざまなものがあるという印象です。

マイホームを建てる時の外構工事・お庭づくりでは、オープン外構にするのかクローズド外構にするのかしっかりと考えていただくことをおすすめしています。マイホームを建てる際の参考にしていただけたら嬉しいです。

ガーテリアでは、新築外構、お庭のリフォーム外構工事、エクステリア工事等を行っており、フランチャイズ展開しております。今後も、全国に店舗数の拡大を予定しており、たくさんの方のお力になれればと思っております。どんな事でもお気軽にご相談下さい!



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

外構

この記事が気に入ったら
フォローしてね!