ハウスメーカーへ外構を頼むと・・・

家

外構をハウスメーカーへ依頼すると高くなるという話を聞いた事ある方は多いかと思います。外構工事は、住宅を新築する流れでそのままハウスメーカーへ依頼する方も多いです。しかし、住宅を専門とするハウスメーカーへ外構工事を依頼する事に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

まず、外構工事の注文先にはいくつかの選択肢がございます。
①ハウスメーカー
②外構・造園などを手掛けている外構工事専門業者
③ホームセンター

その中で、今回はハウスメーカーへ外構工事を依頼するメリット・デメリットをまとめてみました。

外構工事をハウスメーカーへ依頼するメリット

①ハウスメーカーへ依頼する事で安心できる

外構工事をハウスメーカーへお願いすると割高にはなってしまいますが、アフターサービスや管理費用などお客さんへ安心をサポートするための費用が含まれていることが多いです。外構工事は手抜き工事や施工ミスなどトラブルになることも多いため、そのような時に何かあればハウスメーカー側が責任を取ってくれる等です。

大手ハウスメーカーの場合、外構工事の仕様も制定されていることや、ハウスメーカー工事監督によるダブルチェック等も受けるため、施工品質への安心感も魅力の1つです。

②家の工事と同時に進められる

外構工事をハウスメーカー以外の業者へ依頼した場合、一般的には建物引き渡し後に外構工事を始めます。
例えば、駐車場が完成していない場合など、外構工事が終わるまで駐車場を別で借りないといけないといったことが出てきます。
その点、ハウスメーカーへ建物と外構工事を一緒にお願いすれば、建物と外構がほぼ同時に完成した状態でお引渡しを受けることも期待できます。

③打合せの手間が省ける

ハウスメーカーへ外構工事を依頼することで、建物と外構工事の打合せを一緒に進められるケースもあり、打合せの手間を多少省くことができます。
もし、外構は外構専門業者へ依頼すると、建物の打合せはハウスメーカー・外構の打合せは外構業者と別々に打合せを行わないといけなくなるので、その分時間がかかることになります。

④外構費用を住宅ローンの中に含めることができる

ハウスメーカーに外構・エクステリアを依頼することにより、住宅ローンの中に外構費用を組み込むことができる場合があります(※外構工事費用は、基本的には住宅ローンに組み込むことができません。外構工事を自分で探した別業者へ依頼した場合も、金融機関によってはその費用を住宅ローンへ組み込める場合もございます。)。

外構工事をハウスメーカーへ依頼するデメリット

①工事費が割高になる

ハウスメーカーは住宅の建築を専門としている為、外構工事を依頼するとハウスメーカーが提携する下請けの外構業者へ外注することになり、そこの営業マンとレイアウトや現場検証などの打合せを行っていきます。ハウスメーカーが仲介役となり、実際に打合せを行うのは、下請けの外構業者の営業マンということです。
そのため、ハウスメーカーの紹介ということとなり、中間マージンが発生し、その分割高になってしまいます。

例えば、外構費用をハウスメーカーへ依頼しなかった場合、外構費用が200万円の時、約50万程度の費用が削減できます。住宅の総額が高いたため、その時はさほど気にならない方も多いのですが、生活費で考えて50万の削減はとても大きいですよね。

②外構のデザインのバリエーションに欠けてしまう

ハウスメーカーは住宅を専門としているので、同じハウスメーカーで建てた物件の外構は、みんな似たようなデザインになりがちです。
また、住宅中心の思考になりがちなので、特徴的なデザインを希望すると、思いのほか建物と外構の雰囲気が合っていなかったりします。
知名度の高いハウスメーカーへお願いすると3割ほど割高にはなりますが、安心感が欲しい人や外構のデザインにあまりこだわりがない人、打合せの回数を少しでも減らしたくない人にはおすすめです。



外構は一度造ると、なかなかやり直しが難しいです。そのため、どこの業者に依頼するのが1番安心できて、家族に理想に沿った外構が造れるのかをしっかりと見極めた上で、お庭づくりを始めてもらえたらと思います。


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

家

この記事が気に入ったら
フォローしてね!