新築外構 駐車場で後悔しないために

新築外構施工事例

初めての新築で失敗や後悔はつきものになってきます。
その中でも後悔している人が最も多い新築の駐車スペースについてまとめてみました。

まず始めに駐車スペース+間取りのパターンをいくつか考えて頂く事をおすすめします。
「このパターンだと雨の日が大変」「このパターンだと駐車場から玄関まで距離があるな」など間取り図とセットでみると見えてくるものがあります。
いくつか後悔ポイントをご紹介させていただきます。

①駐車スペースが狭かった

こちらの質問が1番多い後悔パターンです。

例えば、
・その時はよくても車を買い替えたら狭かった
・バックドアを開けた時の長さを考慮していなかった
・乗り降りのことを考えていなく通り道がとても狭かった
等です。

車の乗り入れは毎日のことなので外出時のストレスにならないよう、広めの駐車スペースを確保することをおすすめします。

②縦列駐車しかできない

土地の形などで仕方ない事もありますが、例えば2台を縦列駐車で停めていて、奥の車を出すたびに手前の車を出さないといけなくなるなど、外出のたびに小さなストレスになるかと思います。

縦列駐車ではない停め方ができる駐車場をおすすめします。

③土地の形が悪くて停めにくい

土地選び自体に失敗している方がいます。いびつな形の土地は安く売られいている事も多く、後から後悔する方が多いです。
意外と土地選びはとても重要で、駐車場スペースもイメージして購入することをおすすめします!

④大きな道路に面している

家の前が大きな道路だと、車が混んでいる時も多く車の出し入れがとても大変と後悔する方が多くみえます。

例えば、
・車が混んでいて駐車場の出入りがしにくい
・1回で停駐車できないと交通の邪魔になってしまう
・歩道を歩いている人を気にしないといけない
など大変な事がたくさんあります。

大きな道路に面している事で、ちょっとした外出がとても不便になりそうですよね。
なので道路に面している土地より、周りの状況をきにしなくても大丈夫な駐車スペースをおすすめします。

⑤来客用の駐車場のスペースも作ればよかった

来客用の駐車スペースがないと、来客がある都度コインパーキングへ停めてもらうことになります。

後から、車1台分のスペースを新しく作るとなるととても大変なので、土地に余裕があり必要そうな方は、新築の時にスペースを確保することをおすすめします!

⑥砂利や芝生にしたらメンテナンスが大変だった

見た目をお洒落にしたく砂利や芝生にしたが、メンテナンスが大変だったと後悔する方は多いです。
芝生にすると夏の草抜きが大変だったり、砂利にすると落ち葉の掃除が大変だったりなどです。
芝生は最小限にすることやメインのスペースはコンクリートにするなど、工夫してレイアウトすることをおすすめします。

⑦自宅リビングと隣の家の駐車スペースが近い

家を建てる時、隣の家がすでに建っていた場合は、隣の家の駐車スペースの近くにリビングを配置しないようにします。車の出し入れの際に排気ガスや騒音が気になるためです。
逆もそうなのですが、隣の家より後から建てる時も、気にしておきたいポイントです。

車の出し入れでストレスを感じている方はとても多いです。家の間取りと同じくらい重要なポイントだと思います。
こちらの記事を読んで、住んだあとの後悔を少しでも減らしていただけたらと思います。


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

新築外構施工事例

この記事が気に入ったら
フォローしてね!