新築外構工事を安くしたい方へ

新築外構工事

新築を考える時、お庭を造る時にオプション的な感覚で予算があればやってみようかな…程度の感覚の方が多いかと思います。お庭のデザインで家の外観は驚くほど変わります。
施工箇所を減らしたり、材料の質を下げると安くなりますが、しっかりした外構をつくりたいですよね。
今回は、少しでもお庭の価格を下げたい方へ向けて価格を抑えられるポイントをまとめてみました。

家を建てる際に気を付けたいポイント

住宅の防犯性を考える

例えば家を建てる際、大きな窓をたくさん設けると、外から家の中が丸見えとなり防犯性が劣るため、外構塀などで防犯面を強化しなければなりません。
外からの視線を守るための、目隠し塀やフェンスなどに、多額の費用がかかってきます。
もし、家のデザインを窓が少ないものにできれば、外からの視線を防ぐ外構工事も最小限となり、外構にかける予算を大幅に抑えることができます。

できる限り土地に余白をつくらない

家を建てる際、土地に無駄な余白を作らないことも大切です。
自分が建てたいと思っている家に、最低限必要な土地の広さを調べて土地探しをすることをおすすめします。
土地に対して、無駄な余白が残らないように建物を配置することで、砂利やコンクリートといった施工面積を少なくすることができます。
例えば、50坪程度の土地であれば平屋を建てることができますが、ほとんどの方は2階建ての家を建てます。
その方が坪単価は抑えられますが、土地に余白が増す分、外構費用は高くなりがちです。
また、余白が多ければその分除草作業などの手間もかかります。
平屋のように1階を大きく作ることにより、外構費用と手間を減らすことは可能です。

土地から事前にイメージすることで、費用やその後のメンテナンス事情も随分変わってきます。早い段階で理想の住宅&外構をトータルに考えたプランニングをプロに相談してみることもおすすめです。

外構工事で気を付けたいポイント

外構工事費用で高くなりがちなコンクリート

コンクリート施工は、外構工事の中でも高額になりがちです。そのため、コンクリート面積を狭くすると外構工事は安くできます。
例えば駐車場をコンクリートにする場合、確実に使う箇所だけをコンクリートにしましょう。タイヤが乗らない所は砂利にすることで、砂利の方がコストも安く費用も抑えることができます。
見た目もコンクリートと砂利部分を上手に組み合わせることでおしゃれにすることができるのでおすすめです。

土地が狭い場合はシンボルツリーを植える

狭い土地で庭を造るスペースがなく、でも駐車場が必要だからと家の前を全面コンクリートにする場合、外構費用がとても高くなってしまいます。 庭を造るスペースがない場合におすすめなのが、シンボルツリーを1本植えることです。前面コンクリートの家に比べても家の見え方が全然違います。
シンボルツリーは畳半畳(91㎝×91㎝)のスペースがあれば可能です。少しでも、コンクリートを減らすことが外構工事費用を抑えられるポイントです。

最低限必要な工事やシンプルなデザインに絞る

家

エクステリア商材の種類が多ければ多いほど価格もその分上がってしまいます。
例えば、門を設置せず門柱だけにしたり、フェンスの設置範囲を減らしオープン外構にするなど工夫する事で費用を抑えることができます。
プライバシーを守りたい方は、そこにシンボルツリーなどの植栽を植えるのもおすすめです。
また、駐車場もカーポートの有無や、コンクリート敷き、砂利敷きなどで大きく費用も変わってきます。

DIYにチャレンジしてみる

DIY

外構工事を自分でできるDIYポイントはたくさんあります。今はネットで検索すれば、作業方法など何でも探せるので、DIYがお好きな方は、自分で調べながら施工にチャレンジすることで、より楽しみながらMy外構プランを形づくることができます。
作業内容によっては強度等が必要で難易度も上がり、プロに任せた方がいいケースもありますが、DIYを行うことで費用を安くできることは間違いありません!

メンテナンスも考えてトータルコストを抑える

コスト

外構は、目先の初期投資ばかりに目を向けると大きな失敗につながってしまいます。
エクステリア商材を選ぶときは、どうしてもデザイン優先で選びがちですが、配置レイアウトやサイズ感、機能性、アフターメンテナンスの必要性など、費用や後々の管理手間などトータルバランスで考えて、自身のライフスタイルに合った商品選びをするようにしましょう。



複数の業者から見積もりを行う

見積

外構の費用を抑えるためには、複数業者から見積もりを取ることが大切です。

ネット社会となった現在では、相見積もりを取ることは当たり前のこととなっていますが、他社と競合していることが分かれば、外構業者は価格を抑える工夫をします。

ただし、金額が異常に安い場合、新築現場同様、職人の賃金カットや見えない部分での質の低い作業が行われるケースが多い傾向にあります。そのため、判断する際は、費用面のみならず、デザイン性やスタッフの対応能力など総合的な判断をするように心がけましょう。

工事は外構専門業者を選ぶ

新築を建てる時に、外構も一緒にハウスメーカーへ依頼すると、中間マージンを取られるため、外構専門業者へ作業を依頼するよりも3割ほど費用が高くなるのが一般的です。
そのため、外構費用を少しでも抑えたい方は、外構工事を専門とする外構専門業者へ別途依頼することをおすすめします。

外構費用を安くできるポイントをまとめてみました。デザイン性を損なわず費用を抑えることはとても難しいですが、色々工夫することで価格を抑えることも可能です。
初期費用を抑えることも大事ですが、できるだけ長持ちする素材を選び、長い目で見て判断することもポイントです!
外構計画にしっかりと時間をかけ素敵なお庭をつくりあげましょう。



SHOP PICUP

愛知岐阜三重静岡長野大阪兵庫奈良ほかエリア拡大中!「外構費用が足りない…」「おしゃれな外構にしたい…」「お庭のリフォームがしたい…」「目隠しフェンスを付けたい」等、外構工事やエクステリアのお悩みをガーテリアが解決します!


ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関する無料お見積り・ご相談を行っております。お問い合わせフォームお電話最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

【お問い合わせフォーム】

【フリーダイヤル】
0120-403-433
受付時間:9:00~18:00
店舗営業時間:9:00~18:00

新築外構工事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!