新築外構を100万円までに抑えたい方へ

新築外構

新築でお家を建てる際、外構費用でどれくらいの予算を確保しておいたらいいのかお悩みではありませんか?
今回は、「100万円」でできる新築外構工事についてまとめてみました。
施工面積にもよりますが、100万円以内でも外構工事は可能です。
ただし、最低限の外構工事となる場合が多いので、もしどうしても外構費用を100万円以内に抑えたいのであれば、まず優先順位をつけた上で外構業者に相談するようにしましょう。

生活に最低限必要な工事

普段生活するうえで、最低限必要な工事をまとめてみました。これらは、一般的に優先順位が高い工事内容ですので、予算的に厳しく外構工事でお悩みの方は参考にしてみてください。

整地・砂利敷き

整地しないままで生活すると、凹凸があることで歩きにくかったり、自転車や車を置いた際も傾いたりすることがあり危険です。また、整地されていても雨などで地面が濡れた状態の時は、靴が汚れると同時に玄関も汚れてしまいます。春先は、舞い上がる砂埃で周囲に迷惑をかけることがあるかもしれません。
さらに夏場にかけては、雑草の繁殖も想定されるので、砂利敷き等の対策も必要になってきます。

整地
整地

玄関アプローチ

玄関アプローチも、住まいとしての見た目はもちろん、外から帰った時に玄関を汚さないために必要な外構工事です。
どうしても費用を抑えたい方は、自分でタイルやレンガなどを敷いてDIYすることも可能です。
ただし、段差部分は強度も必要となるので、専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

表札やポスト等

表札やポストは、日常的に使用するものであり、重要なエクステリアアイテムの1つです。
インターホンや郵便受けがないと、当然のことながら配達物等が届けられないので生活が不便になります。
表札やポストの外構費用を抑えたい時は、表札とインターホン、ポストが一体となった機能門柱がおすすめです。
また、枕木等を門柱代わりにし、ポストを後付けするなど、工夫次第でDIY対応も可能です。

表札とポスト
ポスト

駐車場

車をお持ちの方は、駐車場の外構工事は必須になってくるかと思います。
土の状態のままでは、車体はもちろん、車内も汚れてしまうからです。
おすすめは土間コンクリート施工ですが、砂利を敷くなど工夫すれば費用を安く抑えることもできます。
100万円以下に抑えたい場合でも、耐久性もあることから現実的にコンクリートを選ぶことをおすすめします。

駐車場コンクリート工事
土間コンクリート工事

あれば生活が便利になる工事

生活が便利になる主な外構工事として、ウッドデッキ・カーポート・シンボルツリー・花壇・芝生(人工芝含む)などがあります。あれば便利なものですが、生活上はなくても困らないものです。
もし、生活に支障が出るのであれば、後から施工することも可能ですので、先送りしてもいいかもしれません。

駐車場カーポート
シンボルツリー
ウッドデッキ

また、どこまでこだわるかも重要になってきます。
例えば、舗装の種類やエクステリアのデザインなどです。機能性やデザイン性に配慮したものが豊富に展開されており、あまりこだわってしまうと費用的にもふくれがちなので、どこまで必要かよく話し合い見極めることも重要です。
デザイン性や機能性に惚れてしまい、アイテムを削ることができない場合は、同業他社でコストパフォーマンスに優れた似たようなアイテムがないか探してもらうなど、少しずつコストカットすることも考えてみましょう。

まずは、優先順位の高い外構工事費用を算出し、余った予算で他のエクステリア工事を行うプランにすることで、100万円以内の外構工事に近づくことも可能です。
100万円以内へ抑えたい方は、生活に必要な工事を優先し、リーズナブルな仕上げを選ぶようにしましょう。



ガーテリアでは、外構・エクステリア工事に関するご相談・無料見積を行っております。お問い合わせまたは最寄りの店舗までぜひご連絡ください。

新築外構

この記事が気に入ったら
フォローしてね!